人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで

人妻交姦ゲーム!第4話 「気持ち…よくなっちゃうよ!!」

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3

 

敬三は雅子を優しくリードする。

 

「まずは床に寝そべって。」

 

「…はい。」

 

言うとおり、雅子はうつ伏せになって大きくてはちきれんばかりのお尻を露わにする!

 

「奥さんけっこう大きい尻じゃん!いんだよこういうお尻♪チ◯ポねじ込めばねじ込むほどマ◯コのシマリがよくなって感じて来るッス♪」

 

そして敬三は、雅子のマ◯コを優しく指でなぞってくる…

 

そして、オシリをゆっくりと揉みしだきはじめた。

 

さらにパンツの上から指でマ◯コを触ってくる…。

 

「俺はムリヤリするはキライなんだ。だから奥さんが欲しいって思った時に自分で股を開いてくれよ♪」

 

だんだん敬三の動きがハードになって、指がパンツの中に入ってくる

 

…ジュルジュル…グニュグニュ…

 

(あ、指が…アソコに入っちゃう!)

 

敬三は雅子のアソコにチ◯コをあてがって、こすりつける。

 

(…ああ…だめ…ヤダ…これ以上されたら変な気持ちに・・・)

 

レスだった雅子の身体に快感が走る。

 

ちょうどその頃、となりの部屋から声がしなくなった。

 

どうやらコトが終わったようだ。

 

敬三は途中でやめて、チ◯コを抜いた…

 

「残念ッス…奥さんと思い切エッチHできると思ったんだけどなあ〜。でも遊びですからネ♪奥さん。」

 

「…そ、そうよ。アソビだもんね…。」

 

納得したような顔をしながら雅子の視線は、モノ欲しそうに敬三のチ◯コを見ていた…。

 

▼画面タップで立ち読みできます▼

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3

 

⇒トップページへ


inserted by FC2 system